[∈]BluetoothヘッドフォンならPhilips:SHB9000編

 

Philips SHB9000

今日は常日ごろ愛用しているヘッドフォンのおはなし。
電車に乗っていて、個人的にオーバーイヤー型のヘッドフォンを使う人が増えたなーと思うこの頃ですが、彼らにいつも言ってあげたいことがあります。

「コード邪魔じゃね?」

 

僕だけなのかなぁ、イヤホンならまだしも、ヘッドフォンからコードが伸びるってとても邪魔に感じられます。イヤホンなら耳から外してすぐにポケットにコードごとしまえるけど、ヘッドフォンは首周りなり、カバンなりに収納しなければいけないし。

自分は、iPhone で音楽を聴くので、Bluetoothで音楽を飛ばせます。iOS3 によるA2DP対応、iOS4.1によるAVRCP完全対応は数々のBluetoothガジェッターを感動させました。

(現在のiOSプロダクト のBluetoothプロファイル一覧はこちらです。OSのUpdateを繰り返すハードウェアだけにプロファイル対応がわかんなくなってしまうんですよね。)

さて、ヘッドフォンの無線化計画を企てている方、そうでないBluetoothヘッドフォンなんて要らないぜ!と強がる方にもぜひオススメしたい逸品があります。

それが、”Philips SHB9000”という商品です。
この商品は、これまでBluetoothヘッドフォンの欠点と言われていた点を見事に打ち消してくれた、本当に「買って良かった」商品でした。Bluetoothヘッドフォンがダサダサなデザインが多い中で、まず洗練されたデザインとヘッドフォンカバーの高級さ、とても気に入っています。(側圧はそんなに強くないです。)

1. Bluetooth ヘッドフォンって音悪いんでしょ?

これは商品によってはご最もな意見です。国内で市販されているBluetoothのヘッドフォン製品には音がひどく、聴くに耐えない物もあります。例えば、自分はPhilips SHB9000の存在を知るまで、下記の製品を検討していましたが、確かに音としてBluetoothを諦めさせるクオリティでした。。

ただ、SHB9000は違いました。少なくとも自分の貧乏耳には、十分すぎるほど音の表現が細かいですし、重低音を厚めにするモードもあります。また、ヘッドフォンでも密閉型なので音漏れの心配もありません。(実は結構大事なポイントです。)

 

2. ペアリングとかって難しいし、面倒なんでしょ?

SHB9000 ペアリング

全然そんなことありません。右の写真、青く光っているヘッドフォンのプラスチック部分があると思います。ここがボタンになっていて、ここを長押しするだけで、ペアリングモードになります。

iPhone の[設定]→[一般]→[Bluetooth]→[SHB9000]と選ぶだけで登録は完了します。次回以降は、このボタンを長押しするだけで、iPhone側が過去の接続履歴から勝手に接続してくれます。カバンから絡まったイヤフォンをごそごそ取り出してそれをほどいて…、なんてやっているよりよほど簡単です。

もちろん、写真で見えるようにヘッドフォンでもボリューム調整、曲の再生/停止、先送りと戻しが可能になっています。iPhoneをポケットにいれっぱなしにしている満員電車でも、耳にあるヘッドフォン本体をかちかちやれば、調節ができるのは非常に便利です。

 

3. 充電切れたら、聴けなくなるんでしょ?

SHB9000 ステレオ3.5それはその通りです。が、フル充電で音楽利用のみあれば、SHB9000は17時間持続します。つまり、毎週通勤通学で2時間聴いたとしても、土日に充電すれば問題ありません。充電は付属のmini-USBケーブルで給電できます。でも、それだけじゃないんです!(通販風)

なんと、この商品、有線接続で通常のステレオ3.5mm でも聴けるんです!ケーブルさえ持っていれば、いざという時でも普通のヘッドフォンとして使うことが出来ます。有線/Bluetooth両方に対応している商品は僕の知る限りほとんどありません。
4. でも…お高いんでしょう?

実は、この商品、ここまでべた褒めしておきながら日本では正式に販売されていないものなんです。
(えーーーーーっ!という通販風背景からの声をどうぞ)

ですが、複数の輸入サイトから購入することが出来ます。
自分は、mobile-accessory-netさんから購入しました。

2012年3月25日の値段で、8650円となっています。送料含めても、コストパフォーマンス抜群だと思います!
日本で販売されている中級なモデルとして、  や  などがありますが、どちらも1万5000円をオーバーします。ゼンハイザーのノイズキャンセリング対応のフラッグシップモデルだと、4万円〜5万円の価格帯になってきてしまいます。

Bluetoothヘッドフォンは欲しいけど、1万円以内に抑えたいし、でもしっかりとした音を出せるのが良いし…、と悩まれている欲張りな方はPhilips SHB9000 を大Pushします。ステマじゃないですけど。ステマに使われるぐらい沢山の方に読んでもらえるBlogなら良いのですがw

でも、ようやくBluetoothが市民権を得てきて少し嬉しいです。海外に行くと、電車の中で独りでぶつぶつ言ってるかと思ったら実はBluetoothヘッドセットで会話してる、みたいな人結構いるのですよね。

少し古いですが、日経Trendyで特集されたBluetoothヘッドフォン/イヤフォン比較はよくまとまっています。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.