[∈]ONKYOコンポ X-N7NX で AirPlayを楽しむ


 

AirPlay?

 

久しぶりにコンポを買い替えて嬉しくなったので、投稿。

今まで、SonyのLAM-Z03 というコンポを使っていたのですが、

1.CD 取り出しを押したら、MD 取り出しの方にスライドしたりする
2.妙にリモコンからの指示受付が悪い

などのちょっとした「認知症」が始まったので、そろそろ買い替えどきかなとも思っていた。(それ以外は健在でしたが)Sony Timer を遥かに超えて活躍してくれた彼には勇退してもらうことにした。

何より、iPhone を中心とした音楽スタイルにシフトしたいと思っていたことがきっかけ。そこで、せっかくなので、コンポシステムを必要な条件を考えた。

1) 音楽メディアはiPhone中心なので、部屋でもiPhoneからワイヤレスで音楽を転送して聴きたい

2) とは言っても、CD、さらにMDという中学・高校時代の青春レガシー音源はこれからも楽しみたい

3) スピーカーでいい音で聴きたい

4) 貧乏サラリーマンなので、3万円程度にしたい(切実)

 

その条件で3ヶ月ぐらい色々な選択肢を模索した上で、できたシステムがこちら。

X-N7NX

ONKYO X-N7NXApple TVをつないでいます。

ここに到るまでは壮大な思考の紆余曲折があり…簡単に自分の思いの変遷を書いていきたいと思う。

1)iPhoneから無線で飛ばすんならBluetoothでよくね?

ONKYO SBX-200(S)

ONKYO SBX200
この考え方は、Bluetoothのペアリングが面倒なことをヘッドフォンでよく知っていたので、あえなく断念。

 

2)時代はAirPlayっしょ!対応スピーカーで行けるっしょ!
JBL ON AIR ONAIRWIRELESS ONAIRWIRELESSBLKJ

JBL ON AIR WIRELESS

JBL ON AIR WIRELESS は、IT media さんの記事なんかも読んで相当期待したのですが、実際に聞いてみるとずいぶんと音がこもっている感覚があり、3万円を超えるドックスピーカーでこれはないだろうという音質だったので、パスしました。隣にあったON Station なんかの方がよっぽど良かった。

 

3) AirPlay 対応のアンプとかコンポとかってないの?音がいいやつ。
DENON RCD-N7W

DENON RCD-N7

→アンプだけで38,800円(2012/3/4現在)orz。
しかも、AirPlayは5,250円の有償アップグレードて orz。スピーカー足したらいくらになるの orz

 

4)もうAirplay だけできればいいよ!ぷん!
ONKYO WAVIO GX-D90(B) /ブラック
+  Apple TV MC572J/A

GX-90DApple TV

 

→これはいいなぁ、と思っていた。AirPlayで音楽を聴くという目的のみであれば最小構成、最安価格(AppleTV 8,000円 + GX-D90 13,000円)。Apple TVには光デジタル出力というオーディオ側の出力ができるので、それをGX-D90のような光デジタル出力に対応したアクティブスピーカーにぶすっと差してやるという方法。この方のBlogなんかで紹介されている。

これだ!と思った最安Airplay 構成を実現しようとEnokは ヤマダ電機 LABI渋谷に行った。ですが、そこで、出会ったOnkyo の販売員のおじいさんに言われました。

「アクティブスピーカーなんてスピーカーじゃねぇ!」

 

もう一度考え直すことにした(←えw)。そもそも、Sony コンポがある中で、Apple TVとアクティブスピーカー買ってどうする。なんだかとってもヘンテコリンな音楽システムになります。まるで、とりあえず長打力がほしいから、ベネズエラあたりから外人を引っ張ってくるみたいなものだ(←?)。どうせ、チームに馴染めず、結果が出ないまま7月あたりに帰国して契約解除になると相場は決まっている。

そこで、ようやく腹は決まった。Sonyのコンポは勇退。CD+MD+AMFM+AirPlayを一つのシステムで達成する環境を作る。そうなると選択肢はほぼ1つだった。光デジタル入力があるアンプ+スピーカーは多いですが、MD搭載+音に満足できる+3万円前後という条件を満たすのは1つしかなかった。結論は冒頭に載せた写真のとおりとなった。

 

ONKYO X-N7EX-D     +    Apple TV MC572J/A

ONKYO X-N7NXApple TV

ONKYO X-N7NXは3万円以下で、光デジタル対応+CD/MD/AM/FMが聴けるオールインワンコンポで、実際に使ってみて、大変満足しています。価格コムでもプロダクトアワード金賞取ってた!

ちなみに、光デジタルケーブルは、

Amazonで評判の良かったAmazonベーシックの光デジタルケーブルを利用した。
光デジタルケーブル AmazonBasic 「安い、早い、うまい」を兼ね揃えたケーブル。

 

これでベッドに居ながら、iPhone の音楽をワイヤレスでいい音で聴くことができる。Apple TV のオーディオ出力は、通常の44.1KHz ではなく、48KHz 出力ということで、(参照:Apple TV の光オーディオ出力が48kHzな件)、音質が気になることがあるかと思いましたが、少なくとも自分の貧乏耳には十分。

X-N7NX単体としても、良い音がなっています。良く言えば、さっぱりとした優等生の音、悪く言えば、特徴のない音ということになりそうですが、自分には十分です。AM/FMも久しぶりにいろんな番組聞くと楽しい!

唯一、もう少し頑張って欲しかったところは、リモコンの入力切替にそれぞれのボタンをつけて欲しかったところです。 (→追記:3/5 Digital/Dockボタンがリモコンにありました。失礼しました。)

1)Apple TVをApple TVのリモコンで起動させる
2)Digital/Dockに切り替える
3) iPhone4/iPad/ituens でApple TVを選択して音楽を再生する

 

実際にスピーカーから再生されるまで、10秒〜30秒ぐらいラグがあります。1回再生しなおしたりするとうまくいきます。Apple TVの起動に時間がややかかっている分、しょうがないといえばしょうがない。

あと、iPod touch 代わりに使っているiPhone 3GからAirPlayが使えないのは盲点だったw

やっぱりiPhone を手元で見て音楽が選べるというのは便利だ。Dock型だとどうしても手元にない分、コンポのリモコンで操作せざるを得ず、アルバムやアーティストの切り替えなどがとても面倒だと思う。こうして、自分の自宅音楽環境はほぼ完成の域に達した。単純な使い方ですが、しばらく色々と楽しみたいと思う。

Sony コンポくん、長い間ありがとう。Sony らしいデザインで気に入って購入して以来、とってもお世話になりました。

 

 

Sony コンポ

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

  1. […] [∈]ONKYOコンポ X-N7NX で AirPlayを楽しむ […]

トラックバック URL