[∈]最小・最軽量のスマートフォン Xperia mini が通話専用端末としていい感じ


 

xperia_mini

寒くなってまいりました、さて。

月々サポートでdocomo(ドコモ) のiPhone5S/5c を月額1000円台で使う方法

で書いたように、携帯電話料金節約のために、2台持ちにしました。 もともと、自分が携帯するものに必要になる機能は、3つ有ります。

  • 電話する
  • インターネットに接続する
  • 音楽を聴く

今までは、電話とインターネット(メールやLINE、Twitterを含む)は、メインiPhone、音楽を聴くのは旧iPhoneにその機能を分けていました。メインiPhoneに音楽を聴くも持たせられればよかったのですが、音楽容量が多く、メインiPhoneの容量がないので(64GB端末は金額が高い…)以前使っていたiPhoneをiPod touch 的に使うことにしていました。

しかし、2台持ちになったので、電話する/インターネットに接続する端末を分けなければいけません(SIMが違うのです)。従来通り、インターネットに接続する端末は、iPhone5c でいいのですが、通信専用SIMを使うので、電話ができない、容量的にも音楽を入れられないので以下の条件で2台目を探しました。

  • 小さくて軽くて2台持ちの負担にならない
  • 音楽が大容量で聴ける

普通、2台持ちなどは、ガラケーとスマホ、ガラケーとタブレット、などの人もいると思いますが、スマートフォンを2台持つことにしました。

そんで、選んだのがこれ。

Xperia mini(Sony Ericsson mini S51SE)

e-mobile からも、Sony Ericsson mini という名前で売られていたんですね。しらなんだ… 国際版をヤフオクで買いました。1万5千円ぐらい。

この端末、連打病 という発熱によってホームボタンや戻るボタンが勝手に押され続ける状態になるプギャー端末として出荷されたようですが、出品者様の神対応によって、Android 4.0.4にアップデート・連打病対策FWをあててもらった状態で、受け取りました。

ということで、かるーく開封の儀。

箱。香港版らしく、箱の本体画面に表示されているアプリが新浪微博(Weibo)なのは気にしない。

Xperia_mini2

開けてみます。今は亡きSony Ericssonのドロリッチデザイン。これけっこう好きだったんですが。

Xperia_mini3

手にちょこんと乗ります。99グラム。スマートフォンでこれより小さいのは、これの先代機種であるXperia mini X10だけ(俺調べ)。正直、Android2.3以下は、使いものにならないので、Android 4.x 以上にアップデートできる端末としては、世界最小・最軽量(俺調べ)。

Xperia_mini4

左から、Xperia mini、MEDIA SKIN(昔のお気に入り)、iPhone5c。 こう比べてみると、小ささが分かります。縦横なら、カードより小さい。

Xperia_mini5

肝心の中身ですが、まぁ電話アプリとMusicアプリしか使っていません(笑)が、64GBのmicroSDXC を裏技によってを対応させると、大容量の超小型ウォークマンの完成です。64 GBのウォークマン買おうとすると、最低でも2.5万するから、お得なのです。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.