[∈]OMTP⇔CTIA 4極プラグヘッドフォンの変換話


 

IMG 0706

 

最近、「あれ。俺なにしようとしたんだっけ」が増えました、さて。

Blogにご報告している通り、いま自分はXperia miniと、iPhone5cを2台持ちで使っているんですが、1コ困った問題が。

音楽はもっぱら、Xperia mini に入っているのですが、時々は、iPhoneでもPodcastやYoutubeなどで音楽を聴いたり、アプリの音を聴いたりすることがあるので、iPhone5cでもXperia mini でもイヤホンを使います。

ところが、iPhone5c に付属するEarpodsでは、Xperia mini で使えず、Xperia mini に付属する専用イヤホンでは、iPhone5c でリモコンが機能しません。

2つとも、3極イヤホンでは使えるのに、なんでだろうと思って調べてみると、4極イヤホンでの規格が違うことが分かりました。

  • Xperia mini:OMTP規格…マイナー規格。日本では絶滅危惧種(誰も危惧してない)。
  • iPhone5c:CTIA規格…こっちの方が主流派。

何が違うのかと言うと、まず、3極イヤホンというのは、簡単にいえばリモコンやマイク機能が付いていないベーシックなイヤホンです。それに対し、4極イヤホンは、リモコンやマイク機能が付いています。Appleのイヤホンが有名で広く普及してますが、いわゆる市販で「スマートフォン用」と書かれているものはだいたい4極という意味です。そして、CTIAとOMTPでは、3極目と4極目が逆になっちゃっているんですね。詳しくは下の図。

Earphone

CTIAでは、3極目がGND信号(音の信号経路を帰還させる経路らしいが電子工学などやったこともないので全くちんぷんかんぷんである)、4極目がマイク信号となっています。OMTPはその逆。だから、音は聞こえるけど、リモコンが使えなかったりといった変な状態やそもそも「アクセサリがサポートされません」と端末で怒られたりするわけです。

4極だと上に書いたとおり、日本国内では、ほとんどがCTIA規格となっておりますが、ある期間のXperia シリーズにおいて、OMTP規格が使われていたみたいです。ドコモだと下の機種たち。

  • Xperia (SO-01B)
  • Xperia arc (SO-01C)
  • Xperia acro (SO-02C)
  • Xperia ray (SO-03C)
  • Xperia PLAY (SO-01D)

なので、OMTP規格のイヤホンは、俗に「Xperia対応」と書いてあったりします。日本で売られている端末でこれ以外には、ほとんど見かけないので、間違っちゃいないんですが…。規格なので当然、標準化団体があり、それは以下のリンクに詳しいんですが、Xperiaを当時つくっていた、Sony EricssonがOMTP規格団体の側だったみたいっす。

【コラム】塩田紳二のアンドロイドなう 第46回 ヘッドセットの秘密 – ライブドアニュース

そんなこんなで、2台持ちの自分は、両方の規格に対応するべく、Apple のEarpodsがお気に入り(自分の耳にちょうどよいのです。)なので、CTIA→OMTP変換ケーブルが必要になりました。

つーことで、わざわざ買いました。イヤホン・ヘッドフォンはBluetoothも含めて割とPhilipsファンであるので、ここもPhilipsを。

SHH3580

 

実際に欲しかったのは、右側の変換ケーブルだけwという何とも贅沢な(ムダな?)買い物をしてしまいました。

SHH3580_2

後継機種である、↓これとか
PHILIPS ヘッドフォン マイク付(スマートフォン対応) インイヤー カナル型 ブラック SHE3595BK

Sonyのバランスドアーマチュアイヤホンにも変換ケーブルが付いているみたいです。

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 1VP XBA-1VP

しかし、この変換ケーブル単体というのがほとんど見つからないのでした…。これぐらい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

  1. OGAWAX

    イヤホン付きマイクの調査をしたところ記事を発見しました。役に立ちましたありがとうございます。元気?

    • tenok

      OGAWAXさん

      なんと! この広いインターネットの片隅に見つけていただきましてありがとうございます!
      めちゃくちゃコメント遅くなってしまいましたが、元気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL