[∈]こっぺ食堂に行ってきました!


こっぺ食堂

シェフこっぺ

 

 

 

 

 

 

 

 

*本日のメインディッシュは鹿肉でした

SFCで、國領二郎研究会の後輩にあたる、こっぺ(@koppe_jp)こと、こっぺ君(福崎康平くんって書こうと思いましたが、やっぱり違和感あるw)が1週間限定で開店している「こっぺ食堂」に仕事終わりに行ってきました。

こっぺ食堂とは? については、本人のBlogをご参照ください↓

 

3/11-17こっぺ食堂OPEN!!

彼とは慶應義塾大学SFCの経営学に関するゼミで出会いました。

■「こっぺ食堂」というレストランを期間限定で開いては、実際に自分の料理スキルで金を稼ぐ
■roomdonor.jp という家を失った東日本大震災の被災者 と 住まいを提供できる家主のマッチングサイト
(詳しくは、彼らが立ち上げたバザーリー株式会社のチームインタビューの記事をお読みください)

などに取り組み、学生とは思えないレベルで経営を「実践」する姿にいつも感動していました。

さてさて、そんな こっぺが開く”こっぺ食堂”、本日のメインディッシュは鹿肉を贅沢に使った料理でした。

 

あんまり綺麗に撮れてませんが…  美味しかったです!!! 

何でも、山梨から猟師が撃った鹿を産地直送で取り寄せて、ヤマト運輸が液漏れ(←w)しながら運んできたらしいです(笑)

こっぺ食堂で出される素敵なお料理を肴に、本日は、SFCを中心とした若手社会人・学生の勉強会が開催され、そこにお邪魔しました。プレゼン2本立ての構成の中で、残念ながら、1つ目の「ソーシャルリクルーティング」に関する、小原修平さん(@oharashuhei)のプレゼンテーションは仕事があり、ほとんど聞けませんでした。。(小原さんはSocial Recruitingに関するBlogを書いているみたいなので、読んでみたい…)、

ただ、2つ目、食堂のオーナーシェフであるこっぺのプレゼンには間に合うことができてよかったです。

1年間、海外でグルメ修行してきます。 

 

という彼の決意を話してもらったわけですが、僕が彼らしいな、と思ったのは、

”こっぺ食堂で稼いだ収益のみを使って世界中の料理を吸収する旅をする。

稼いだ資金が尽きれば、そこで海外グルメ修行は終了です”

と断言しているところでした。そのために、3ヶ月に1度は日本に帰ってきて、またこっぺ食堂を開いてくれるらしい :-)
みんな、プレゼンを聞いた後は、こっぺがどういう旅するのか、また、現地での衛生面での提供リスクを考えながらも、海外の人々にこっぺの料理を食べてもらう方法はないか、ということを皆で考えていました。

結局、みんなこっぺのファンになってるんですよね。

本日のこっぺ食堂も、こっぺがTwitterでボランティアのお手伝いを呼びかけたら、兵庫や京都から駆けつけて手弁当で手伝っているというから驚きです。
こっぺは、自分の料理はアマチュアだと謙遜するけれど、こうしてお金を払って応援している人がたくさんいる。その時点で、それはプロスポーツ選手が自分のプレーを魅せるために観戦チケットを買ってもらうのと何ら変りない”プロフェッショナル”だと思うのです。

※こっぺが「ステマをしてくれたら、どこでも料理作りに行きます」と言ってみたので、大分ステマ効かせてみました!

 

それは冗談として、こっぺが次会うときにどんな料理を体得してくるのか、とっても楽しみです。
「不安は?」と聞かれて「ないです。」と答えたこっぺならきっとさらに美味しい料理を次回のこっぺ食堂で作ってくれるはずです!!

さてさて、こっぺ食堂は、3月17日まで営業しています!
興味を持った方、まだ食べに行けていない方は、ぜひぜひ足をお運びください! こっぺの旅費になります笑!

こっぺ食堂の営業予定は、Koppe’s Blogのこちらのエントリ もしくは こちらの予約フォームご確認ください。場所は渋谷駅徒歩7分、宮益坂を登りきったあたりです!

 

こっぺも旅した後はこんな感じ?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL