[∈]フリービット株式会社を退職しました


IMG 1282

 

私事ですが、フリービット株式会社を本日6月30日を以て退職いたしました。

新卒で入社して以来、3年と3ヶ月、CEO室や新事業企画室などにて、主にCEO直下でのプロジェクトを担当させて頂きました。世間的には、Business Development というような仕事になるんでしょうか、ただ毎日、必死にボールを拾っているだけでしたが、結構、時は経ったものです(  Д ) ゚ ゚

半年ごとぐらいでプロジェクトがめまぐるしく変わっていって、3年の間に、

超色々やらせてもらいました。

石田CEOを筆頭に、ご指導いただいた諸先輩方に本当に本当に感謝しています。特に、石田さん、そして新卒入社以来ずっと直属の上司としてお世話になった新さんと一緒に働くことができたのは、とても幸運でした。2人とも、SFCの大先輩として、また1人のビジネスパーソンとして本当に尊敬しています。

上場企業の社長とジョブグレード底辺な一兵卒が週次で定例してたとか、なんか今よくよく考えると凄いことだなーと思いつつ、それだけの投資をして頂いたにも関わらず、大きなインパクトを残すことなく、職を離れることを大変申し訳なく思っております。

元々、他社に内定をもらっている中で、スローガン伊藤さんにお話頂いて、たまたま受けてみた会社の最終面接で石田さんにボッコボコに論破されたのがきっかけで入社した自分でしたが、ボッコボコにされた時に感じた変な清々しさと直感を信じて本当に良かったと思っています。

 

フリービットには、明確なビジョンがあって、「俺らは前しか向いてないぜ[R&D部GMから聞いた名言]」的なベンチャースピリットと、上場企業及びインフラ企業としての堅実さが併存する、日本でも稀有な会社であると思います。はっきり言って、日本にそういうIT企業は数えるほどしかないんじゃないかと思っています。

僕が2年目ぐらいの時でしょうか。石田さんが会社のエントランス前にしばらく立っていたので、てっきりセキュリティキーがなくて中に入れないのかと思って「あ、開けますよ」と話しかけました。その時、石田さんは、

「あ、いや、そうじゃないんだ」

「エントランスの受付機のケーブルが横から出ているんで気になってね。あれ、真っ直ぐにしてくれるように総務に言っておいてくれるかな。エレベーターから上がってきたとき、この受付機がお客さまを真っ直ぐに迎えられるようにこの空間はデザインしてあるんだ」

と言って、また忙しそうに自室に戻って行きました。確かに、受付機のケーブルが横から出ていました。いつもは冒頭に貼った写真のように真っ直ぐ後ろに伸びており、それを毎日見ていたはずですが、僕は全く気付いていませんでした。

その時の写真
その時の写真

分刻みのようなスケジュールで動きながら、細部まで真っ直ぐなこだわりを忘れない。この時、この会社に入って良かったなぁと思ったのを今でも覚えています。

そんなフリービットの中でも、ベンチャースピリット溢れるプロジェクトを多く担当させて頂いた身として、身についたマインドは

  • 「早く動いて、早く失敗して、早く修正する(まずはやってみ、できるから)」精神
  • 「こまけぇこたぁいいんだよ!とか言ってると死ぬぞ(細部に神は宿る)」精神
  • 「でもまぁ、死なないから(明日は嫌でもやってくるぜ、ほらみろ朝だ)」精神

などなど、書き尽くせません。イベント前などに強く発揮されますが、どれも事業に凄く大事なことでした。

最近は、新卒採用の最終面接について、はてブ界隈が賑わったりしたようです(あくまで一個人の見解としてはホリエモンとほぼ同意見です。)が、いま2011年のあの最終面接時に戻って、人生選択をするとしたらやはり同じ選択をしたと思います。

退職の理由について聞かれることもありますが、自己都合退職という言葉を使うのが憚られるぐらい自己都合で、ここで、書き表せないほど内面的な揺らぎの中での決断でした。それをしっかりと周囲に伝えられず期待に応えられなかった自分に、自分自身がっかりしていますし、自分に対する一切の信頼を捨てた方もいておかしくないと思っています。

ただ、強いてエゴイスティックに、ポジティブに言えば、ビジョンとは何か、事業とは何か、ITとは何か、インフラとは何か、命とは何か…、フリービットに入ったことによって初めて見させてもらった世界を目の当たりして、25歳を超えて、より1歩、自分の中で踏み出していきたいと思っています。

次なにをするかは、折を見て個人的にご報告出来ればと思います。

 

周りを見渡せば、起業して頑張ってる同級生もいますし、同い年の田中マー君の年俸22億ですし、88世代とか情熱大陸に煽られてますが、着実に一歩一歩、これからもアクセルを踏んで生きていきたいと思います。

最後になりますが、在職中、公私にわたり色々とお世話になりました皆様に本当に感謝しています。これからもお世話になることがあるかもしれませんが、変わらぬご指導を頂けると大変ありがたいです。何卒よろしくお願い致します。

 

FROMMARKCITY
最終出社日の空。

2014年 6月30日

T.enok

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

  1. […] 6月末で、フリービット株式会社を退職しまして、本年9月から M&Aを中心とした戦略コンサルティングファームに転職しました。 […]

トラックバック URL