[∈]6月14日


暑いですね…、さて。

今年も6月14日がやってきて終わりました。
この日は、自分の友だちの命日であります。

小学校、中学校、大学と一緒の学校に通った彼女とは、親友という間柄ではありませんでしたが、休日に一緒に昼ごはんを食べたり、彼女のサークルの発表会に行ったりしました。

 

とても聡明で、明るく誰からも愛される、自分にとって憧れの存在でしたが、
2年前、彼女は突然命を落としました。

 

社会人になって、ようやく少し会社にも慣れ始めてきたあの日、
中学校の友だちから16時ぐらいだったか、電話が来てそれを知りました。社会人初めての有給休暇は、彼女のお葬式でした。

自分にとって、ある程度の寿命を全うした祖父やTVで見る「死」とは全く違う、
「喪失感」というか「受け入れられない現実」というか、そうしたものを
初めて感じた瞬間でもありました。

仕事の問題で自ら命を絶ったと聞きましたが、本当のところを知る由もありませんし、知りたくもない意気地のない自分がいます。

昨年、ご家族に大変迷惑ながらも一周忌でご自宅にお線香をあげに押しかけましたが、今年からは、こうして1人、思い出して記録に残すこととしました。

 

 

彼女が死ぬ際に、自分に対する思いは数mm もなかったでしょうが、
自分にとって、死して初めて、何というか、
「あぁ大事な人だったんだなぁ」という感情が湧き上がります。

 

若い…人生の一番いいときにこの世を去ってしまうのは潔くもあり哀しくもある。
そう言う者に対して生きている人間は憧れにも似た思いで寛大になれる。
良い思い出だけが増幅され理想化されていくんだろうね。

―イエスタデイをうたって③巻

 

 

昨日はどんよりとした梅雨空でしたが、今日は少し薄日もさしました。
今日から、また来年の6月14日がやってくるまで、また生きていきたいと思います。

 

Forget-me-not,

Never Forget you.

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL