[∈]東大生の就職状況はちゃんとしてるけど、東京大学新聞Onlineもちゃんとしてる


 

黒猫のウィズにはまっております(今更)、さて。

こんな記事をNewsPicksで見かけたのですが、

13年度就職状況 三大銀行上位占める – 東京大学新聞オンライン

偏差値的には日本最高峰の大学生である、東大生たちがどんなところに就職するか、というお話で、結構興味深かったです。

民間企業はこんな感じ。(画像引用:東京大学新聞Online)

 

マッキンゼー9人って凄いな。今のコンサルティング業界の商況だと、取り過ぎということもないのかもしれないですが、ファームの多様性みたいなのはどうなんだろうと思ってしまったりしました。

それ以上に、ビービット7人って…。ビービットはデジタルマーケティングのコンサルティング会社で、自分が在籍している企業と名前が似ているので、「え?ビービットさんですか?」ってよく聞き返されます。関係ないです。

bebit

 

社員数114人(2014年4月)のベンチャー企業としては、採用力高いなー、と思います。東大生が使える使えない云々の議論は置いておいて、こうした大手企業の中で食い込めることが凄いっす。

 

次に、官公庁。(画像引用:東京大学新聞Online)。

 

学部卒で、111人。東大生の1学年の入学者数は、3000人程度みたいなので、約3.7%ぐらいがキャリアになっていると。案外、少ないですね。本データは全ての東大生の進路を網羅できているわけではないので、正確にはもっと多いのかもしれませんが。

 

で、ぼーっと、就職状況を眺めてたわけですが、そもそもこれを掲載している東京大学新聞Onlineが面白いことに気づいてしまった…。

todaionline

 

これとか、ツッコミどころ満載でかなり面白かったです。
 
恋に慣れない東大男子とも仲良くしておくべき理由 – 東京大学新聞オンライン

恋に慣れない東大男子とか括られてるし。少なくとも、はあちゅうとワリカンすると「ワリカン男子」って呼ばれるらしい。

東京大学新聞Onlineは、約90年(!)の歴史を持つ東京大学新聞のWeb版として最近オープンしたらしい。ちゃんとメディア然としていて凄いなあと思いました。

考えて見れば、東大なんて、凄い面白い人とかしょっちゅう講演に来るわけで、そう言う人達の書き起こしとかをどんどんしていくだけで、かなり面白いメディアになりそうですよね。

ということで、

「東大は就職もちゃんとしてるが、東大新聞Onlineもちゃんとしてた」

って感じです。

赤門からは以上です。(1回使ってみたかった)

 

<赤>

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL