[∈]タバコを吸う人は残業しやすい?


 

タバコ

 

 

台風26号やばかったですね、さて。

台風の日は、もう前日に最初から諦めて着替えを持っていき、会社に籠城(お泊り)して当日の出社に成功した自分ですが、なんとなく遅くまで会社にいることで気づいたことがありました。いや、前々から薄々思っていたのですが。

 

残っている人みなスモーカー?

営業もエンジニアも両方いましたが、共通点として、残っている人がみな喫煙者である気が…。
もちろん、スモーカーの方でも早く帰る人はいますし、そもそも職種やその人が受け持つプロジェクトや業務によって残業しやすい/しにくいは変わってきますが、「残業時間の多さと喫煙者かどうか(喫煙量が多いかどうか)」というのは相関関係がありそうだなぁ、と感じました。だって、非喫煙者と比べてタバコに割く時間が明確にあるのですから…。

ちょこっとGoogle で調べてみたところ、やっぱりそういった研究も有りました。

Overtime Work, Cigarette Consumption, and Addiction to Cigarette among Workers Subject to Mild Smoking Restrictions
-九州大学などによる研究チームの論文(PDF注意)

本研究では、例えば職場で50時間以上残業する人は、30時間以下しか残業しない人に比べて平均して月間で4本喫煙量が多かったという結果を出しています。うまく相関が出なかったケースもあったようですが。。。

また、こんな記事もありますね。

仕事中の「タバコ」を減らしたら「残業」が減った!?

 

「喫煙量が多くなればなるほど、残業している時間が増える」、こんな相関関係がどんどん立証されたら、喫煙者はさらに肩身の狭い 思いをしそうですね…

 

<煙>

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL