[∈]Harvard MBA はTOEFL109点以下はお断り


 

HarvardMBA

先輩に「なんで最近こんなに寒いんですかね」って聞いたら「太陽のパワーが弱ってるから」って言われました。マジですか、さて。

Harvard MBA の出願プロセスのページを見ると、こんな1文がありました。

 

The MBA Admissions Board discourages any candidate with a TOEFL score lower than 109 on the iBT, an IELTS score lower than 7.5, or a PTE score lower than 75 from applying.

 

えー、、、すご。

ハーバード大のMBA入学審査委員会は、TOEFL iBT 109点以下や、IELTS7.5以下、PTE75点以下のスコアしか持たない候補者は、discourage するよって書いてあります。(゜○゜)
discourage…

discourage
【動詞】 【他動詞】
1.〈人の〉勇気を失わせる,〈人を〉落胆させる
2. 〔+目的語+from+doing〕(不賛成であることを示して)〈人に〉〔…することを〕思いとどまらせる
3. (不賛成であることを示して)〈計画・行動などを〉思いとどまらせる; 〈…に〉反対する,水を差す
4. 〔+doing〕〈…することを〉やめさせようとする

つまり、基本的に、TOEFL で109点以下のスコアを提出してくる人に対し、辞めた方がいいんじゃないですかって公式HP上でアナウンスしているのです。もちろん、MBAの入学審査に関しては、点数だけでなく、エッセイやInterview など総合的な評価に基づくもので、過去には109点以下でも合格した方もいますが、さすが世界の最高峰たる数字だなぁと思いました。

ちなみに日本人のTOEFL iBTの平均点数は、2012年の調査によると、70点。TOEFL受けた身としての実感は、意外に高いという感じです。留学生向けテストではあるので、受験生の母体のレベルが高いのでしょうか。おそらくTOEICを受ける日本人と同じ母体が受けたらもっと平均は下がっていると思います。ちなみに全体の男性の平均点は80点、女性の平均点は81点。

アジアの主要国はというと…、

    • シンガポール98点…サスガ英語が(準)公用語なだけあります。
    • インド91点…もっと高いかと思いましたが、
    • フィリピン89点…レアジョブで日本人がお世話になる方々、こちらもサスガですね。
    • マレーシア89点…マレー諸国強し。
    • 韓国84点…自国に仕事が無い分、世界に飛び出す韓国人も高い。
    • 香港82点…世界の金融センターでもある、香港。韓国に負けているのは意外です。
    • 北朝鮮80点…え・・・高っ。本当にエリートしか受けてないんではないかと推測。
    • ベトナム77点…ベトナム語が公用語ですからね。
    • タイ76点…タイ語が公用語ですからね。

 

  • 日本70点…うわっ・・・日本人の平均、低すぎ…?

 

 

てな感じで、日本はアジアの主要な国々に比べると、結構ぶっちぎって最下位ですね。アジアでは、カンボジア(68)モンゴル(68)の次、下から3番目です。

ちなみに冒頭の写真は、ネット上で、Harvard 大学の朝4時の図書館の風景として、以下の教訓とともに嘘の紹介をされ、一時期話題になったもの。でも、募集する点数を見ると、本当にこんな風景があるんではないかと思ってしまいます。

 

⒈今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。
⒉あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。
⒊勉強に励む苦しさは今だけであり、勉強しなかった苦しさは一生続く。
⒋明日やるのではなく今日やろう。
⒌時間は絶えず去りつつある。
⒍学習は時間がないからできないものではなく、努力が欠くからできないものである。
7.幸福には順位はないが、成功には順位がある。
8.学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。
9.学習する事が人生の全てとは言わないが、学習すらできぬものに何ができるのであろうか。
10.人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。
11.怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力が
必須である。
12.時間が過ぎるのはとてもはやい。
13.今の涎は将来の涙となる。
14.犬の様に学び、紳士の様に遊べ。
15.今日歩けば、明日は走るしかない。
16.一番現実的な人は、自分の未来に投資する。 ‎
17.教育の優劣が収入の優劣‎。
18.過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。
‎19.今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。‎
20.努力無しに結果無し。

※ちなみにこのフィクションの元は中国の掲示板で流行したユーモアだったようです。

もう少し自分も頑張って勉強して少しでも平均点を上げられるようにせねば…。

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL