[∈]『経営学のフロンティア/3情報技術革新と経営学』第3章[要約]


 

「学部生時代の勉強を遺そう」シリーズ第1弾。

 

「情報技術と経営のアーキテクチャ」(2004),稲葉 元吉・貫 隆夫・奥林 康司編著,『経営学のフロンティア/3情報技術革新と経営学』,中央経済社,第3章,pp.45 – 71

 

【要約】

複数の人間がかかわる協働において情報の伝達と処理は重要な要素であるが、我々は未だに情報システムの適切なマネジメントに成功しているとは言い難い。捉えにくい情報化と経営システムの相互作用について「アーキテクチャ」に注目して検討する。アーキテクチャを「全体システムが複数の下位システムによって構成されているとき、全体システムの機能、下位システム間の役割分担、そして下位システム間の相互作用の方式(インターフェース)の設計思想」と定義すると、広範囲にわたるテーマが、製品と協働アーキテクチャの変化という共通の概念体系で語ることができる。アーキテクチャ概念は日本の経営学における重要な話題である。ただ、アーキテクチャ概念を経営分析に用いる場合、「製品アーキテクチャ」「プロセス・アーキテクチャ」「組織アーキテクチャ」の3つのように、きちんと整理して理解する必要がある。

ビジネスにおけるアーキテクチャを記述する際、注目すべき要素がいくつかある。書き出していくと、「擦り合わせ」の「インテグラル」と「組み合わせ」の「モジュール」。そのモジュラー構造における、「特有」の「クローズドインターフェース」と「共有」の「オープンインターフェース」。システム設計上、最重要な要素である「ボトルネック」とそれを有効活用するための「余剰(冗長性)」。下位システム間の離散量(デジタル)インターフェースと連続量(アナログ)インターフェース。情報システムの分散と集中、自律と従属。以上のような要素が挙げられる。

情報化は前述の「製品アーキテクチャ」「組織アーキテクチャ」「プロセス・アーキテクチャ」そして「産業アーキテクチャ」に大きな変化を与えている。特に、コミュニケーションボトルネックの段階的な解消により、それぞれのアーキテクチャは変化している。そして、コミュニケーションにおける技術変化が全体システムのデザインに大きな影響を与えているのだ。このことから、情報技術のインパクトが大きいのは、コミュニケーションの難しさが組織デザイン上のボトルネックになっているからだということが分かる。

しかし、注意しなければならないのは、情報技術は汎用的な道具なので戦略に合わせて構築可能であり、技術変化が世の中の形を決めるほど話は単純ではないということだ。決定論的な技術観ではなく、技術も社会全体の構成要素として全体の変化の中で組み込まれ技術そのものも影響を受けていくという、社会的構成理論で情報化による変化を考えなければならない。また、基本線として、技術そしてシステムを「人工物」とし、技術と社会の関係をより大きな社会システムの「設計」問題として扱う立場を守らねばならない。情報技術が誘発する様々な現象を社会科学的に分析することで、単なる情報技術をめぐる社会現象だけでなく、人間社会についてより普遍的な発見がもたらされるだろう。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL