[∈]【書評】起業のファイナンス ーベンチャーにとって一番大切なことー


 

装丁のきれいな本を買うのいいね、さて。

著者は、公認会計士でミクシィなどの監査役を務めた磯崎哲也(@isologue)さん。
アルファブロガーとしても有名な方。→週刊isologue

本書の目的は、一言。
「起業のイメージを持ってもらうこと」。

そして、磯崎さんの目標は、日本に「イケてるベンチャー」を増やすこと。

実際に会社を作る手続きを紹介するというよりは、

・そもそも起業とは?
・そもそも会社とは?
・起業から会社がどういうステージを経て、大きくなるのか?
・(ファイナンスの側面から) どういった手続きが必要なのか?

といったことが口語調で書いてあり、とても分かりやすい。

スタートアップを流れでつかむ本だと思いますので、簡単にベンチャーのライフサイクル を書いておくと、

シード…設立・創業の段階

アーリー…人材調達・新株予約権

ミドル…株式発行・資金調達

レイター…事業譲渡・合併・株式交換・会社分割

↓→バイアウト
IPO…株式発行

上場企業

(P52)

本書で特に章立てで解説されている4本の柱が、

「事業計画」、「企業価値評価」、「ストックオプション」、「資本政策」

である。

それぞれに引用したい言葉があったので、メモっておくことにする。

事業計画を他の役員や取引先や投資家、専門家などに話をしてみて、その人達も同じ気持にさせることが出来れば、それはかなり本当に、「いい事業計画」なのでしょう。(P151)

→事業計画はそれ通りに事が運ぶはずがなく、むしろ他のメンバーをその気にさせ、投資家に訴え、そして何より自分の思考の整理に対する貢献が大きいんだよな、と。

いろいろな観点からの企業価値評価を概観してみましたが、どれも創業期の起業の企業価値評価にピタっと当てはまるわけではなさそうだ、ということがおわかりいただけたかと思います。つまり、こうした創業期の会社の企業価値評価が何で決まるのか、といえば、最終的には資金を求める側と投資をする側の「需給」のバランスとしか説明のしようがないということです(P180)

→投資意欲が集まるHotな産業にこそチャンスは多く、その波をつかむことは非常に大事だよなぁ、と。

ストックオプションは、「将来の可能性」をベンチャー企業の推進力に変換する仕組みとも言えます。ストックオプションは、この「将来の可能性しか持っていない」ベンチャー企業が既存企業と対抗していくための数少ない武器の1つです。(P185)

→ストックオプションは、「人間ドラマ」的側面がある一方で、次章の資本政策においては、上場に至るまでのプロセスで障害となる可能性も多い(持株比率によって、VCに経営を握られたり、創業者の株式が希薄しすぎて安定株主が減ったり)。技術的にも、感情的にもケアが必要なSensitiveに制度設計をしなければいけないよなぁ、と。

資本政策は、理屈としては、それ単体だけを作れるものではありません。(ここから一部改変)まず、事業計画を立て、将来のキャッシュフロー計画が立ち、企業価値が算定できるようになる。企業価値(株主資本価値)を株式数で割ったものが株価であり、この結果、事業計画で必要になる金額を調達できたとしたら、どの株主がどの程度株式を持つか、という「資本政策」を作成することができるわけです。(P226)

→ 事業計画→CF計画→企業価値評価→資本政策→事業計画…というふうに検討のサイクルを回すことが非常に重要。必ず事業計画はころころ変わる。会社法などの法務知識や財務知識が必ず必要になるため、ここまで来ると上場後の会社運営まで見渡すことができる専門家が必要だなぁ、と。

今をときめくベンチャーである、GREEの創業から現在までのプロセスをケースで追ったことがあるのだけれど、本書を読んで改めて制度的、概念的理解ができて良かった。

GREEのCFO青柳さんが昔、こんなことを言っていました。

「同業他社さんでも、上場した後にストックオプションを現金化した人物が大挙して辞めていくというケースがあります。そういう人ほど、創業期からのコアメンバーだったりもする。GREEではそういうことがないように株式に鍵をかけています。」

会社の数ほど、人間ドラマがあって面白い。

本書は、磯崎さんのユーモア溢れる注釈がまた良いのだけれど、最も僕が好きなのがこれ。

逆に、いくら優秀でも、「ダークサイド」が強い人が成長期の企業の重要なポジションにつくと、その企業はどんどんダークサイドに転がっていくものなのであります※。

※『スターウォーズ』を観て勉強してください。(P186)

上記に挙げた例がダークサイドとは全く思わないが、お金って怖いよね、と。ベンチャーって生臭いよなぁ、と。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL